看護の受験対策は実績のある予備校にお任せください

看護専門の予備校

0120-5948-37

個人別合格戦略

真剣なスポーツの試合において作戦を立てずに勝負に勝てるでしょうか。
まず不可能です。

それは受験でも同じです。

看護学部や看護専門学校の倍率は5-10倍は当たり前の世界。その中で個人別の戦略なしに合格するでしょうか。おそらく不可能です。

しかし集団授業を行う予備校では事実上個人別の戦略を立てることはできません。

《プロフィール》

Aさん

大学を卒業。都立看護学校を希望。イギリスに留学しているので英語はできる。数学は中学から自信がない。

Bさん

高校を中退。准看護学校希望。勉強から10年遠ざかっていて分数から不安。英語はbe動詞から不安。

Cさん

浪人。慶応大学志望。公立や私立大学は合格したが慶応にこだわりがある。ハイレベルな数学と英文読解、小論文を学びたい。

しかし看護の予備校LET'S個別学院個別指導ですから、
例えば下記のようにそれぞれの事情に合わせて勉強ができます。

Aさん

《目的》 都立など看護専門学校合格
《履修学科》 国語 英語 数学Ⅰ 小論文

《スケジュール》
①数学
4.5.6月で中学のテキストを終了。7.8.9月で数学テキスト数学Ⅰを終了。10月から過去問・実戦問題などを演習。
②英語
4.5.6月で中学のテキストを終了。7.8.9月で過去問と実戦問題を繰り返す。11月から調整を始める。
③ 現代文
4.5.6月で中学のテキストを終了。8月から過去問・実戦問題などを時折演習。
④小論文
通年で作文レベルから実施。英語数学の中学のテキストが終了するごろから実施予定。

《予備校での進め方》
変則的なので注意。英語は中学の前半部分の能力はある。後半部分に関してはできない部分もある。テキストは中学のテキストを使い、16章文型まではスピード型で実施していく。それ以降は臨機応変に対応する。数学は最初の計算部分ばできる。それ以降はできない。テキストは中学のテキストを使い、計算問題はスピード型で実施していく。それ以降は、臨機応変に対応する。全教科の全ての範囲で標準的な問題を中心に実施する。英語は英文解釈も含める。国語は量よりも質を大事に徹底的に理解することを優先する。

《家庭学習》
数学英語は塾で実施したテキストのとばした問題を実施(あくまでも授業で実施した範囲内のみ。新規部分を先に進めない)英語は単語暗記。国語は漢字やことわざ、四字熟語など知識を増やす。

《購入テキスト》
今回は省略します

Bさん

《目的》 ○○医師会など看護系学校への合格
《履修学科》 英語 小論文 一般常識 数学

《スケジュール》
①英語
4.5.6.7月で中学のテキストの概要を実施。8.9月で過去問と実戦問題を繰り返す。11月から調整を始める。
②小論文
8月から多種にわたる過去問と実戦問題を繰り返す。
③数学
4.5.6.7月で中学のテキストの概要を実施。8.9月で過去問と実戦問題を繰り返す。11月から調整を始める。
④一般常識
4.5.6.7月で中学のテキストの概要を実施。その後習熟度合いで再度方針を協議する。

《方針》
小論文を主に実施する。一般常識は中学のテキストの基礎事項をさらりと流すのみでよい。食塩・計算・文章題は必須。現代文は重要であるためそれなりに時間を取りたい。理科や社会は自己学習とする。テキストは中学のテキスト理科社会を使用しても良い。

《小論文の進め方》
小論文については苦手意識が高いので最初は作文程度でよいので基礎を固めてだんだんに小論文化することに注力する。授業内で課題について記述、その場で採点、その場で書き直し。

《予備校での授業割合》
小論文7その他科目3

《家庭学習》
英語は単語。国語は漢字やことわざ、四字熟語など知識を増やす。

《購入テキスト》
今回は省略します

Cさん

《目的》 2017年に慶応大学看護学部など合格
《履修学科》 国語 英語Ⅱ 数学ⅠAⅡB 小論文 面接

《スケジュール》
①数学
3,4月で数学Ⅰのテキストを終了。5,6月で数学Aテキストを終了。7,8月で数学Ⅱテキストを終了。9,10月で数学Bテキストを終了。11月から過去問や実戦問題などを開始。
②英語
3,4月で英語Ⅰのテキストを終了。5,6月で英語Ⅱテキストを終了。9月から過去問や実戦問題などを開始。
③現代文
3,4月から基礎から順にレベルを上げて問題集を実施。過去問や実戦問題などを開始。
④小論文
通年で作文レベルから実施。徐々にレベルを上げる。

《留意点》
慶応大学は看護の中でも最高レベルである。現段階では中学の英語数学の基礎力がやや整っていないことも散見できる。期間が12ヶ月程度あるとはいえ決して油断できない。
小論文は他の学校を受験する際に必要なので実施する。生物化学と数学との選択もあるが他の学校を受験する際に数学が必要になるので数学を選択する。

《予備校での授業割合》
数学5英語3国語・小論文2 数学はⅡBまであるので比重を多くしてある。

《予備校での進め方》
数学英語とも基礎から積み上げる。全教科の全ての範囲で標準的な問題を中心に実施する。英語は英文解釈も含める。 レベルの高い内容を望んでいるが、最終的な仕上げまではしっかりと土台を固めることを優先する。

《家庭学習》
数学英語は塾で実施したテキストのとばした問題を実施(あくまでも授業で実施した範囲内のみ。新規部分を先に進めない)英語は単語暗記。国語は漢字やことわざ、四字熟語など知識を増やす。

《購入テキスト》
今回は省略します